戦争を風化させない

グアム鎮魂社例祭 第十回 2022年

 

お祈り

2022年(令和四年)11月26日(土曜日)
日米戦没者慰霊祭:於・アデラップ、グアム政府庁舎グアム鎮魂社
地元民犠牲者慰霊:於・アガット村役場米軍上陸地(アガット村)

 この時期は雨期で時折強いスコールがありますが、式典の数日前から快晴が続きこの日も朝から快晴でした。前年からのコロナ災禍の影響で今年も昨年に続き地元崇敬賛助会が共催する式典になり、この春に客死した代表のポール・清水氏に代わったギル・篠原代表とその一族の多大な協力によって式典はスムーズに進みました。今年は3年ぶりに日本から押尾泰典副代表、小野剛賢氏、田中優至氏と伊藤典生氏(80歳)が参加しました。小野さんは慰霊祭と地元の慰霊会の双方で祭事をしました。

 式典の式次第は、日系人カール・ソト氏の司会で日本からと地元要人の紹介があり、国歌斉唱があり、ルース・レオンゲレロ知事(Lourdes A. Leon Guerrero)、アマンダ・シェルトン(Senator Amanda Shelton)セネターのスピーチに続いて、オープニングのブレッシングを神父マックグロス(Father Tom McGrath, S)が行い、続いて高野山真言宗薬師院法主小野剛賢法主が祭事をし、その後全員による献花、そして黙祷を経ておよそ90分ほどで終了しました。その模様をU-Tubuでご覧いただけます。

 特筆するのは初めて現職の知事が参列しスピーチをした事、仏教形式で祭事が行われた事、地元から邦人も含めて30名近い参列者がいて、中にはサンタ・リタというグアム南部からジョセフ・カルボ(Joseph A. Calvo)氏が参加した事です。カルボさんは80歳で戦時中マンガン山収容所にいた思い出があります。また平沼赳夫先生のご子息正二郎氏からメッセージがあり押尾氏が代読しました。
 式典の後、ポール・清水さんの墓参をし、ランチを摂った後に午後からアガット村の慰霊碑の前で地元祭を挙行しました。アガットでの祭事は10年ぶりでした。

式典は以下のU-Tubeでご覧に慣れます。地元賛助会の会友アクアアカデミー社主の岡宏之さんが撮影したものです。
https://www.youtube.com/watch?v=xc08YfZPhMU

 
 衆議院議員 平沼正二郎 
戦争を風化させない会 グアム島慰霊祭が斎行されるにあたり、先の大戦においてそれぞれの祖国と郷土の平和と家族の安寧を願いつつ散華された、皇軍将兵、米軍兵士、現地住民を含めたすべての戦没者の御霊に心からの敬意と感謝の誠を捧げ、在天の御霊の安らかならんことを衷心よりお祈り申し上げます。
祖国の未来と平和な世の到来を頼むとのご負託にしっかりとお応えし、平和で安全な国づくりにつとめてまいりますことをお誓い申し上げ、鎮魂の言葉といたします。


 

慰霊祭の前後とポール・清水氏の墓参。アメリカ風の墓地に注目!

 

日米戦没者慰霊祭:於・アデラップ、グアム政府知事庁舎公園(アサン村)

 

地元民犠牲者慰霊:於・アガット村役場米軍上陸地(アガット村)