戦争を風化させない

グアム鎮魂社例祭 第九回 2021年

 

昨年に続いてコロナ禍にあるグアム慰霊例祭は規制がある中で行われました。

12月18日土曜日の朝は曇天で風があり、暑くなく最高の条件でした。

今年はカソリック神父、マイク・クリストモスによる祭礼で行われました。

年末はどこの国もそうでしょうがなんとなく慌ただしく、多くの人が長期休暇に出かけるか寸刻みのイベントやパーティがあり、尚且つ身内の不幸などがありの大騒ぎで。参加希望届けがありながら要人達のキャンセルが相継ぎました。

 そのような中、知事代理で筆頭秘書アリス・テイヘロン女史(Ms. Alice Taijeron, Deputy Chief of Staff of Governor)、地元邦人と日本人学校の先生方が参加しました。今年は簡素な式典なので事前の飾り付けがなく、毎年準備に大汗を書いていた先生方も拍子抜けでした。

 慰霊祭はお亡くなりになったご英霊の御霊に対して「私たちは決して忘れてはいません」という気持ちをお見せし、感謝と哀悼の真を捧げる集まりです。そういう雰囲気の中、家族ぐるみもいて、小さなお子さんが集まりワイワイ賑やかにしている雰囲気がとても和やかで非常に意義深いものとなりました。子供達は式典の最中はとても大人しかったですよ。

 神父クリストモの祈りは心がこもり、戦場に散華した兵士へ届くように感謝の気持ちがこもっていました。前回まで生花を献花してきましたが、アメリカでは造花が一般的ですよ、というご提案があり造花に決めたのですが、初め派手な色合いばかりで少々戸惑いましたが、並べてみると豪華で明るく雰囲気にとてもよく調和していました。

 献花が始まると小雨が降り、気持ちが天国へ届いているような不思議な感じがしました。式典中に突如風が拭いたり小雨が降ったりするのは毎回ですが、それにしてもサアーと降ってカラッと止む奇妙な現象はこれまでの慰霊祭に参加した方なら誰もが体験しています。あの世と同通した感じがあって皆さん感動していました。

 このようにして式典時間70分の慰霊祭を無事終えることが出来ました。

 なお、今回からは地元有志が集って神社の管理と運営をする目的の「グアム鎮魂社崇敬賛助会」から会長のポール・清水氏と副会長のギル・篠原氏が司会をしスピーチもしました。
とても充実した例祭だったことをお知らせします。


The unity of the Japan-US alliance by the civilians of Guamu Japan

This year marks the 9th anniversary of the Guam Requiescats Memorial Festival.
In the corner of the Governor's Office of Adelaup, which is a key point of Guam politics,
there is the Guam Requiescats Shrine that prays for peace. The feelings of condolences and memorial services for the Japanese and American soldiers who died in the Pacific War and
the victims of the local people have not changed over the years. It is also the duty of all of
us in this world to remember the pain of the past, appreciate the peace of the present, and
bridge it to posterity.
From this year, local volunteers have established a small support group with the aim of permanently managing and maintaining the Guam Requiem Shrine, where the war dead are
enshrined. The supporters'association holds a memorial service in support of
the "Fuka Sasenai Kai" which has held a memorial service for the war dead once a year. This is a proof of the unity of the Japan-US alliance by the civilians of Guamu Japan and also contributes to thepublic. We would like to express our sincere gratitude to everyone who gathered at the busy end of the year and to the priest who held the ritual.

Paul Shimizu
Chair paerson of Guam Requiem(Chinkon) Shrine Veneration Supporting Association

Welcom on board and with many thanks.
Since last year, Guam Requiem Shrine Veneration Supporting Association have establisheda support group to manage the maintenance of the shrine by the hands of the local people. The purpose of this is to maintain the shrine as a symbol of peace so that it can be passed down to posterity. We appreciate your understanding and cooperation.  

Ken Haga
Representitive of The infogotten Sacrifices of War “Fuka sasenai Kai”

Sincere appreciation to
Father Mike Crisostomo
and many Thanks to
Mayor of Asan-Maina Frankie A. Salas,
and cooperate by
Guam Premire Outlets and Ambros Inc.


 

日米戦没者慰霊祭:於・アデラップ、グアム政府知事庁舎公園(アサン村)

 


お問い合わせ

事務局 雅楽オフィス ノリアキ 内
東京都江戸川区本一色2-2-16
TEL 080-5466-3201
090-5409-5655
メール office@fuka-sasenai.com